熊本市南区 動物病院 烏城ペットクリニック | 犬・猫・うさぎ・フェレット・ハムスター
症例解説

軟部外科「 会陰ヘルニア 」

会陰ヘルニアとは
男性ホルモンの影響で肛門まわりの筋肉が薄くなり、裂けてしまう病気です。お腹の中の脂肪や膀胱、前立腺、直腸などが裂けた部分から飛び出すため、肛門の横にコブができたようにみえます。毛が長い犬種では気づきにくい傾向がありますが、うまく便が出ずに絶えず気張っているなどの症状で発見されます。
裂けた筋肉の間に直腸の一部が入り込むと、そのスペースに便が溜まってうまく出すことができなくなります。運悪く膀胱が入ってしまうと、尿をすることができず急性腎不全に陥り、命の危険があります。
男性ホルモンの影響が大きいため、この病気になるのは去勢手術をしていない男の子のワンちゃんがほとんどです。去勢手術をしておくことは予防法としてとても効果的です。

(手術写真:皮膚を切開するとコブの中に大きな前立腺が入り込んでいました〔左図〕。前立腺をお腹の中に戻すと筋肉の裂け目が大きな穴として確認できます〔右図〕。)

治療
  • 内科療法:手術まで症状を緩和するなどの短期的な目的で行われることが多い治療です。硬くなった便を出やすくするために下剤や浣腸、あるいは指で便をかき出す処置などが行われます。
  • 手術:物理的に筋肉が裂けて穴が開いている病気であるため、手術によって穴をふさぐことが根本的な治療になります。患者によって筋肉の裂けている部位、残っている筋肉の厚み、発症してから手術までの期間、筋肉の裂け目から飛び出している臓器の種類が異なります。手術方法も一人ひとりの患者によってオーダーメイドで組み合わせていきます。
    • 去勢手術:男性ホルモンの影響が強い病気のため、必ず去勢手術を行います。
    • 直腸固定術:コブの中に直腸が入り込まないように、直腸を少し前方に引っ張り、腹筋に固定して安定化する方法です。
    • 精管固定術:去勢手術を行った後、残った精管を前方に引っ張り、腹筋に固定する方法です。膀胱がコブの中に移動しないようにするために行います。
    • 内閉鎖筋転移術:筋肉の裂け目を閉じるオーソドックスな手術方法です。骨盤に張り付いている内閉鎖筋を一部はがして筋肉の裂け目を閉じるためのパッチとして使用します。
    • 浅殿筋転移術:肛門の上側の穴を閉じるのに有効な手術方法で、お尻の浅殿筋を移動させ、筋肉の裂け目にパッチとして当てがいます。
    • メッシュ固定術:周辺の筋肉が極めて薄く使用できない場合などでは、人工のメッシュを筋肉の裂け目に縫い付けて補強します。
    • その他:上記以外の手術方法も開発されています。

烏城ペットクリニック

TEL 096-277-1255
〒861-4115 熊本県熊本市南区川尻6丁目8-7

駐車場23台

診療時間

AM / 09:00~12:00 PM /16:00~19:00

※受付はAM・PMとも診療終了10分前までとさせていただきます
※12:00~16:00は手術時間帯となっています

09:00~12:00
16:00~19:00

診療可能動物

うさぎ
ハムスター
フェレット
アクセスマップ GoogleMAPはこちら
  • 県道50号沿い 杉島交差点北50m
  • 九州産交バス「杉島」停前